トリチウムの被ばく影響についての考察

  • 2013/08/31(土) 11:49:10

水素の原子核は陽子が一つしかなく、それに原子核を周回する電子も一つしかない、原子の中でも最も単純なものなので、周期律表でもトップにランクされている。
この水素の原子核に中性子がひとつ付くと重水素(deuterium)といわれ、ほぼ倍の重さになる。重水素は自然界で0.015%の比率で含まれるが、原子が壊れて放射線を出すことはなく、安定同位体なので省く。

さらに中性子が二つ付くと三重水素(tritium, トリチウム)といわれ重さがほぼ3倍になる。<昨日超遠心分離法での分離が経済的に困難と書いたのは自然界では分子量16の酸素と分子を作っているので重量比はあまり違わないことが理由です。>
このトリチウムは放射性同位体で壊れるとき(半減期12.3年)弱いベータ(β)線を出す。

原子核内に中性子が入る前提条件は高速でなければならないので自然界では,宇宙線と大気の相互作用により天然に生成される。比較的最近新潟県で計測した数値は水1リットルで1ベクレル近くの値(参考資料)です。

人為的なものとして高速中性子を発生させる核実験装置や原発施設からも発生する。過去一番多く発生させたのは核融合実験や核実験時であり、実際、最も盛んに水素爆弾の実験が行われた1960年代は降雨中の濃度が100ベクレル/Lに達した時もあったそうですが、半世紀近く経過した現在は上述のように低い値に戻っている。

トリチウムの被ばく影響を考える時、水に含まれるトリチウムの場合には排泄が早いので比較的軽微ではないかと考えられる。一方、食物として植物や細菌などを経て有機化合物のトリチウムとして取り込んだ場合には、細胞の構成成分にもなるので、至近距離からの長期間に亘り被ばくすることが考えられるので影響が大きくなるように思える。

東電発表では放出されたトリチウムの総量は40兆ベクレルとのことなので、琵琶湖の水量(275億トン)で薄まったと仮定すれば自然界の値にプラスされるのは1.3ベクレル/Lなのであまり問題にならないように思える。しかしながら、これまでの経過を見ていれば発表数値が3ケタくらい簡単に増えることもある。
従って、福島の降雨中のトリチウムの測定を行い、数値を定期的に公表することが最も有力な判断材料を与えることになろう。環境庁は取りあえず福島県で定期的に測定し、公表すべきである。

             参考資料
http://mobile.pref.niigata.lg.jp/HTML_Simple/77/858/1614ebata.pdf

<<福島原発事故の規模はチェルノブイリの1/7から2、3倍へ拡大 | ホーム | オリンピック招致より福島汚染水除去対策が優先>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |