骨ごと食べる魚(シラスやワカサギ)のストロンチウムの測定を急げ

  • 2013/10/08(火) 11:38:55

今朝のNHKニュースを見ていたら、大洗のシラスが風評被害で売れなかったが「もんじゃ焼き」にしたら大人気となり、大勢の観光客が押し掛けているとのニュースだった。
一見してなんでもないニュースのように聞こえたかも知れないが私は背筋が凍りつく思いがした。

現在福島原発からの汚染水は海外のメディアから連日のように報道されており、その際、最も恐れられている放射性物質はストロンチウム90である。
ストロンチウム90の物理的半減期は30年でセシウム137と同じであるが、生物半減期は約3カ月と50年と大幅に異なる。
従って、放射性ストロンチウムを摂取し、骨に取り込まれたら一生涯ベータ線の被ばくを受けることになる。造血細胞は骨髄にあるので白血病の原因になる。また脳内の神経伝達でカルシウムイオンが主要な働きをしているが、そこに入れば脳機能に影響を与える。

更に崩壊すると今度はイットリウム90となり、このものは膵臓に蓄積し、ランゲルハンス島にあるβ細胞を障害し、インシュリン分泌を抑制し、一型糖尿病を惹起する。

このようにストロンチウムは危険な放射性物質であるので、気象庁は半世紀以上も前から空気中の放射性ストロンチウムを継続的に測定し続けてきた。
米ソ各実験中における空気中の放射性濃度はセシウムとストロンチウム両者の測定値グラフが公表されている。
ところが、福島原発事故が起こると、その月末をもって測定中止に至った。気象庁の放射性物質の測定予算を管理しているのは文部科学省だったのでそこからの指示ということだった。

ストロンチウムとセシウムは原子炉内では約6%ずつ存在するので、気化温度は異なってもストロンチウムの放出もかなりあったものと想定される。ところが測定が困難という理由でストロンチウム測定はほとんど行われなくなった。

今回福島原発からの汚染水については、海外からの強い圧力があったためか知らないがストロンチウム90が測定された。しかもかなり濃い濃度が測定されている。

但し、海水量は膨大なのでシラスに含まれるストロンチウムの量は心配ない可能性もあるが、心配もある。結局測定データがないので何も判断出来ない。即ち風評被害とも言えないし、実害が心配ともいえない。

測定データを得て初めてNHKも堂々と風評被害という言葉を使える。今は言葉がエビデンスより先行していると言えよう。

チェルノブイリでは白血病は5年後にピークに達したが、福島でも既に白血病が報告され出しており、骨ごと食べる魚のストロンチウムの測定を急ぐべきだ。

追記:トリチュウムのことを書き忘れたので追加します。良く解説ではトリチウム原子担体の生体内吸収排泄について書かれている。しかし、自然界にバラ撒かれると細菌や植物により有機化合物となるので、生物の構成成分そのものとなるので、低いエネルギーのベータ線であっても、構成成分内からの照射であるので危険である。

<<福島からの放射性セシウムの大気中放出量はチェルノブイリの3倍とEU機関計算 | ホーム | 福島の甲状腺異常はヨウ素131以外の関与(129、132,133,135)が大きい>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |