使用済み核燃料棒取り出しにわが国の総力を注げ

  • 2013/10/30(水) 21:38:21

11月8日から使用済み核燃料の取り出しが始まるので、わが国が崩壊するか否かというより、北半球の命運がかかっている最も重大な作業である。
にもかかわらず、メディアの関心はあまりないようで、ことの重大さを知らないのではないかと危惧している。
確かに、未使用核燃料2本を取り出すことに昨年、成功したので、安易に考えているヒトがいるとしたら大間違いである。核燃料棒は未使用と使用済みでは放射線放出量が1億倍も違うので、双方の燃料棒の違いは比較すらできないような大差だ。

このように重大な作業であるので、クレーン操作に関する十分な訓練を重ねてきたものと想像していたら、今日になって原子力規制委が福島第一4号機、核燃料取り出し計画を認可したとの記事(参考資料1)を読んだ。
またクレーンの稼働を確かめるための使用前検査を11月1日から始めるとのことだった。
クレーン操縦士は毎日激しい特訓を受けてきたかと思ったので、いささか拍子抜けした。
しかし、未使用燃料棒がまだ沢山残っているので、まずそれから実施すべきである。
壊れた使用済み核燃料棒の操作に習熟するには、模擬核燃料棒で訓練を重ね100%できる自信を持ってから1533本の使用済み核燃料のキャスクへの移管作業に入るべきだ。

作業中に地震が起こるケースもあるので、不測事態に備えてクレーンの直下には水槽を用意することなども考えられよう。
また、万一に備え、いろんなケースを想定したうえで住民の綿密な避難計画も、始める前に持つべきだ。

<<福島の甲状腺異常はヨウ素131以外の関与(129、132,133,135)が大きい | ホーム | FD2へ引っ越し、これからもよろしくお願いします。>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |