耳なしウサギや80cm丈タンポポ、今後の発生率が問題

  • 2011/05/31(火) 20:40:33

10日ほど前、この6月頃から放射線の影響が見られるであろうものとして、異常な昆虫、異常な植物、野鼠などの奇形をあげた。DNAの塩基結合は緩やかなので放射線の影響を受け易いが、細胞分裂の盛んな器官形成期に影響を最も受け易いことから3月中旬以降に影響を受けた場合にまず小動物や植物から起こるであろうと予測した。
放射線の影響を受ける結合位置は偶発的に決まることと、損傷を受けてもほとんどの場合修復されるので、サリドマイドのような固有の症状変化はなく、どんな変化が起こるかは誰にも予測できない。このことを別の言い方にすれば、耳なしウサギが何例もということでなく、耳なしウサギのように滅多に見られない変化が現れたら、そのようなくくり方でカウントする必要がある。
動物は多産なので上述のような機構により、サリドマイドとは異なり同腹仔でも1匹にしか現れないことがほとんどであろう。但し、第二世代(孫)の代では多くの場合、起きた変化は遺伝の法則に従って受け継がれていくであろう。
放射線障害の影響がが大きければ初期に恐らくアポトーシス機構により排除される。従って、同腹仔の出生数の減少(個々のケースではわからず、統計上でしかわからないが)というようなことまで意味があるだろう。
<今あまり正確に思い出せないが、染色体の数の少ないある種の花の場合、特徴的な変化が起こるという記憶もある。 ただし、そういう例は例外的なものだと思う。> ⇒<>内文章訂正:ムラサキツユクサという花の雄しべの発達中に放射線を照射(実験で)すると雄しべの毛の色の違ったものができるそうです。このとき1rem(10mSvに相当)以下の低線量まで比例関係が成立したそうです。この場合は実験室で雄しべのある時期に照射ということであったので起こる現象も再現性があったと思われる。自然界ではこのようなコントロールはできないので予測不可能が正解といえる。
いずれにしても動植物の奇形の要因はさまざまなので、ある程度の例数がなければ放射線由来か否かの判断は難しいと思う。
しかし、チェルノブイリの時代と異なって、今はインターネットがあるので、観察した当人だけが正確な情報だけを発信し、その事実を積み重ねて、良く整理すれば、人類共通の財産になるであろう。

<引用はご自由に>

<<日本の土壌放射能測定(2回以降)は無茶苦茶だ! | ホーム | 福島原発事故の根幹をつき、今後を考える:紹介>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

[原発事故関連] ペットの体調変化に関する情報共有を

かなり以前からネット上では、喉の痛みや鼻血、下痢などの原発事故後の体調不調を訴えるツイートを見かけたが、この頃はそうした報告がますます増えている。 症状の一つ一つは、ストレスや風邪、黄砂の影響等、いろいろな原因が考えられるものであるので、放射能の影響だと

<<日本の土壌放射能測定(2回以降)は無茶苦茶だ! | ホーム | 福島原発事故の根幹をつき、今後を考える:紹介>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |