河野議員内部被ばく測定機を生徒に提案:賛成

  • 2011/06/04(土) 21:24:39

自民党の河野太郎議員は原発反対派議員として海外でも有名な議員である。先生のブログに内部被ばくを測定する機器のことがあり、私はこの装置を初めて知ったので興味を持って読んだ。その装置について紹介します。

名前はホールボディカウンタ(WBC)といい、全身をスキャンして、体内に取り込まれた放射性物質から放出されるガンマ線を計る機械で、立ったまま(椅子型や遮蔽室内にある精密型)などあるそうである。セシウムやヨウ素はガンマ線を出すために、この機械でガンマ線を計ると、セシウムやヨウ素による内部被曝の量を計ることができる。
プルトニウムはアルファ線なので、遠くに飛ばないので、別の専用装置が必要になり、この場合鼻の粘膜や尿などの試料を採取して測定する。
全国に、少なくとも32台このホールボディカウンタがあるとのことです。国立研究機関などや原子力関連施設が立地する都道府県にある医療機関などにある。

そこで考えられたのがこれを事故現場近郊の生徒から測定に使えばという提案で具体的な実施方法の手順もあり良い提案と喜んだ。
WBCはこうした事故でもない限り使われることはない。だとすれば、二次被曝医療機関にとってはこの測定機を使う練習にもなるはずだ。
文科省にこうした提案をしたが、できない理由はないとの返事だったそうである。
従って、実現するか否かは高木文部大臣次第と思う。大臣の決断に期待する。
今や民主党も自民党もない、同じ理念を持つ政治家が手を携え、実行あるのみと思う。

<<観光客回復には国際的視点での基準を採用せよ | ホーム | 空気中の浮遊粒子の大きさと内部被ばくの関係>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<観光客回復には国際的視点での基準を採用せよ | ホーム | 空気中の浮遊粒子の大きさと内部被ばくの関係>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |