福島全県民被ばく調査開始にあたり

  • 2011/06/28(火) 22:49:13

ホールボディカウンター(WBC)による内部被ばく検査と体の表面の汚染検査と尿の放射性物質を実施とのことだった。
あまりにも遅すぎたが、被ばく調査を開始し、今後30年間実施ということでほっとした。

既に100日も経ち、爆発直後時大量に浴びた放射性ヨウソ素はほぼ消失したのでいずれの検査でも不検出は間違いないであろう。
原子炉からは今も放射性ヨウ素が放出されているので海藻摂取などによる新たな内部被ばくのチェックには有用である。

放射性セシウムの生物学的半減期は100日前後なので丁度半分量になった頃なのでこのデータの入手は時期的にも間に合った。

爆発直後に多数の核種が放出されたので特にガンマー線を放出する新たな核種が検出されれば貴重なデータとなろう。

アルファ線、ベータ線はWBCではまず検出されないので、尿検査に期待しているのだろうか?
尿で検出されても核種の推定などできないが、次の検査ステップへの展開の参考資料となろう。

測定された結果はかならず、定量的に記載していただきたい。すなわち測定された数値を記録し、検出なしの場合でもゼロ表示や検出されずの表示でなく。検出限界値を書きそれ以下と表記していただきたい。
測定条件など長い年月が過ぎればわからなくなる。何十年後の統計解析上も必要だし、個人にとっても重要な意味を持つ可能性を生じることもあるので重要であろう。
あまりにも細かすぎることを書いてしまったが、一時期水道水結果も基準値に合格か不合格かの表示だけ、野菜など今でもそのような表示が多いのでつい気にしてしまった。

<<ヒット商品は有望技術に新規ソフトを複合させ誕生 | ホーム | ECRRのレスポス宣言への経緯と要旨紹介>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<ヒット商品は有望技術に新規ソフトを複合させ誕生 | ホーム | ECRRのレスポス宣言への経緯と要旨紹介>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |