ECRRのレスポス宣言への経緯と要旨紹介

  • 2011/06/30(木) 05:33:27

2009年5月ギリシャのレスポス島で開かれた欧州放射線リスク委員会にて出された宣言である。欧州という名前はあるがヨーロッパ以外にも日本、アメリカ、カナダからの参加もあり17名の委員が署名した。
ICRPが原子力兵器産業ならびに原子力発電業者および行政が加わり、国際的な取り組みを行うところであったので、放射線被ばくの健康被害面に関しては常に低く評価する体質があった。
そこで市民団体、医師、生物学研究者、統計学者も加わり欧州放射線リスク委員会が設立された。
設立当初こそ.国際放射線防護委員会(ICRP)に対する攻撃的な言動が目立ったが、その後欧州以外からも加わり、最近では放射線被ばくに関する世界標準者としての自信に満ちた言動をするようになった。<原子力産業を持たない発展途上国の多くもこの考えである。>
以下本宣言を読んでごく短くまとめてみた。

#序論として、ICRPリスク係数は特に胎児や幼児期での解離が著しい。
ICRPリスクモデルは、DNAの発見や、放射性核種のDNAに対する化学的親和性や、遺伝子情報伝達メカニズムのわからない時代に考えられたため、事故後の直接被ばくにも、内部被ばくにも、効果的に適用できないことがわかった。

#要旨
●ICRPリスクモデルを採用で10倍の誤差を生じた研究例もあった。
●放射線ひばくで発がん性だけが問題にされているが、そのほか心臓血管、免疫、中枢神経、及び生殖系への影響が明らかに認められた。しかし未だに量的な関係が不明である。
●予防的アプローチを採用し、十分に予防的なリスクモデルが他にない場合には、予備的 ECRR 2003 リスクモデルの採用を奨める。
●過去の被ばく生存者(日本原爆、チェルノブイル、そのほか)集団における体内被ばくデータの再検証を要求する。
●被ばくした個人が被ばく量やその影響について知ることは人権上の権利である。
<引用はご自由に>

<<福島全県民被ばく調査開始にあたり | ホーム | 福島の子供内部被ばく、大人が陰性?>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<福島全県民被ばく調査開始にあたり | ホーム | 福島の子供内部被ばく、大人が陰性?>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |