「子供達を放射線障害から守る全国小児科医の集い」の盛会を祈る

  • 2013/04/20(土) 17:03:35

現在広島市で日本小児科学会が開催されています。この機会を利用して、今日18:30−21:00にタイトルに書いた自主的な集会が開催されることにりました。

原発事故後いち早く日本小児学会より発信された150mSv安全説には疑問を持ちましたがその問題と、福島の子供3万8千人の甲状腺エコー検査で9人ないし10人の甲状腺がんが発症した問題(細かなことですが穿刺細胞診の診断精度は福島医大の8割でなく、発起人は9割としていましたので、イタリアだけでなく国際的にも一番多い確率かと思いました)が主要テーマのようです。

最初のテーマの150mSv以下安全説の根拠を知りませんでしたが、「統計学的には、約150mSv以下の原爆被爆者では、がんの頻度の増加は確認されていない」から来ていたようです。

私の認識は世界の標準の筈ですが、それによれば、100mSv以下でも閾値はなく、比例関係で起こることです。具体的に書くと、「100mSvで1000人に5人に癌が発症するので、10mSvでは1万人に5人、1mSvでは10万人に5人に起こる」ということです。

甲状腺の場合は放射性ヨウ素が吸収されれば、甲状腺に取り込まれ選択的に被ばくする。従って、全身でなく甲状腺等価線量で計算する。 ICRP 2007年改定版では、甲状腺の組織加重係数は 0.04なので、実効線量の100mSvは4mSvと等価になります。更に子供では放射線に対する感受性も年齢に応じて変わるので、私は最も感受性の高いゼロ歳児を想定し10倍という係数を掛けて考えています。そうすると赤ん坊は(厳密には等価線量も年齢で変わり、また生物学的半減期も年齢で変わるので複雑で計算できません)放射性ヨウ素を摂取すれば、大雑把に0.4mSvでも影響があろうと考えている。

β線被ばくは甲状腺組織に取り込まれた時、其の近傍の組織が最も影響を受けるのでγ線より係数をつけるべきと考えています。しかし、ICRP は2007年版でもβとγ線の違い認めていない。時間の関係で話す余裕はないかもしれないがこのあたりの議論にも注目している。

環境省の対照群の選定が正しければ、日本は福島だけでなく全国的に5.1mm以上の甲状腺結節を有する子供が1%にも達する異常状態になった。その辺の議論の進展にも興味があり、更に進んでは広範囲な検査に関する討論も期待したい。

もっとも今日は初回の集まりなので多くのことを期待してはいけないであろう。原発事故との関連を否定できないという考えの方が主流になれば、今回の集まりは成功というべきであろう。

耳なしウサギの原因究明は簡単だ、同腹仔のDNA検査で

  • 2013/04/05(金) 06:43:05

原発事故後福島県浪江町で生まれた耳なしウサギについて評判になったが、県知事による「根拠のないデマは残念」との発言でいったんは収まったようであった。
ところが、画像がYouTubeで放映されることによって世界に広まり、どれくらいのヒトが観たかは知らないが恐らく何百万人のヒトに焼き付いたではなかろうか?
その映像を私も観た。耳の付け根の部分について注視したが、背中や頭部の毛との境目は全くわからず、外傷によるものでなかろうと見做し、遺伝子変異によるものであろうと想像したことを思いだした。また、この画像を観た世界のヒトは誰も疑問を持てないであろうと勝手に想像していた。

このウサギが現在埼玉県で飼育されていて、そのウサギを診断したK大学獣医学部のI教授は「耳なしウサギは地震によるストレスでおきたという説を提唱されたということを聞いて驚いた。

DNA鑑定をしたエビデンスからその説を唱えられたものと思っていたら、根拠は放射線量から唱えられたということで更に吃驚した。「被曝の影響の可能性を切り捨てるわけにもいかないので、妊娠中1週間の被曝量(内部・外部の合計)を算出したところ、1.55ミリシーベルトと出た。奇形が生じる線量には閾値があり、通常は瞬間的に数1000ミリシーベルトぐらい浴びないと生じないとされています。」

しかし、飼い主はウサギの飼育が専門だったわけではないので集団飼いのため、生まれてある程度たってから耳のないことに気付いたと記憶している。また事故後は何十種類の放射性物質が放射されているわけで、外部被ばくや草を介する内部被ばくまで正確に計算することは誰にもできないであろう。査読のある学術誌に被ばく量を書くならば、必ず実測値が要求されるので、計算値を示せる筈がない。

しかし、もっと驚いたのはイギリスの女医であり、疫学者であったアリス、スチュワートが1950年代見つけた「妊婦がレントゲン照射を受けると奇形児出産が増える」というエビデンスを知らないこと(本当のところは無視であろうが)だった。これによってイギリスのみならず、世界の医療現場では妊婦のレントゲン撮影は医療上のメリットがある場合に限られて行うようになった。勿論、日本も例外ではなかった。胸部レントゲン照射による被ばくは0.05mSvなのでだ2万倍以上の違いとなる。ウサギでは放射線による奇形が起こりにくく「瞬間的に数千mSv照射しないと奇形が起こりにくい」ということはヒトも同じ哺乳動物であり、世界で通用する国はほとんどないであろう。

困ったことに日本では、週刊P誌に大きく報道されたことから原発推進派の評論家が勢いづき盛んに宣伝しだしたことである。
先に日本の情報開示度は急降下し、昨年度はパプアニューギニアより低くなったと書いた。しかし、これでは日本における科学リテラシーもパプアニューギニア以下になってしまうことは確実であろう。

現在は高速DNA解析時代になり、僅かな血液があれば全DNA解析できる。耳なしウサギと同腹仔のDNA解析で解決する。従って、エビデンスで証明すべきものである。こんなこと書くために無駄な労力を使うことは本当に悲しい現実だと思う。

福島の大惨事は世界史の転換点へ—長期にわたる衝撃や意義は置き換え出来ない

  • 2013/03/02(土) 11:32:38

上記の文はフランスの哲学者Alain-Marc Rieuが学術雑誌(参考文献1)に1週間ほど前に投稿したものである。彼の鋭い洞察力は世界から注目されたので,その反響を注意深く観察してきた。
しかし日本人はあたかもガラバゴス島に住むかのようにほとんど反応を示さなかったので紹介する。
なお、タイトルの文章の英訳原文を「」内に示す。
「Fukushima catastrophe becoming turning point in world history — “Its long-term impact and meaning are impossible to repress”」

「福島の大惨事は、産業社会における技術の概念、役割と管理に関するターニングポイントになりつつある。1945年の原爆投下により引き起こされた広島の惨事(別次元であるが)は福島原発事故における問題と変換は、概念、技術、政治、産業社会、環境との関係についての価値観を確立した。だから福島の後では以前と同じように我々が考えることができなくなっている。この大惨事は、長期的な結果を伴う主要な認識論的および概念上のシフトを始める。」

この文章は読んでもさっと理解し難いが、この文章を書くに際して、背景にあった彼の認識は次<>のようではなかったかと思う。

<福島における核惨事は長期間のスパンで見れば太平洋戦争より多くの犠牲者をもたらすかも知れない。しかし、犠牲者数の問題は量的な問題に過ぎない。最も大きなインパクトは世界史上初めてとなる日本および世界における原子力村ネットワークが民主国家である日本の国民を洗脳することにより、事実を覆い隠し、大惨事をもたらすであろうということである。
過去に人類が経験してきた第一次及び第二次世界大戦、ホロコースト、原爆これらは国家間における争いの結果であるのに対し、産業社会が国家を、国民の健康を支配するという、人類史上初めての、従来とは別次元の展開が起こるであろう。>

また今日の大沼安史さん(リンク7番目)のブログに次{ }のようなマイクロソフトの Windows95/98 設計者 ナカジマ・サトシさんのメッセージが英訳で世界拡散開始されたことが報告されている。

{「日本政府は、人びとが常に、わが子が癌や白血病になりはしないかと心配し続ける日常生活をつくりあげた。しかし、そのことを一言も表立って口にできない。まるで戦時中の日本に暮らしているようだ」★ ENEニュースはこうコメントしている。「これはもう、ほとんど全体主義の国だ(Like an almost totalitarian state)!」}


参考文献
1.:Alain-Marc Rieu ; March 2013;Asia Europe Journal, Volume 11, Issue 1, pp 65-78

被ばく情報に関するメディアブラックアウトは不可能だ

  • 2012/12/29(土) 23:45:07

昨年秋ごろは福島の高校生が体育授業時間中に急死したとか、市民マラソンでゴール前に倒れるヒトが多いとかのニュースがあったが、放射線との関連を疑われたためか、最近ではほとんど出ない。またnuclearleakさんが突然死情報も丁寧に纏めておられたので興味を持っていたが、今年4月30日を境に無くなった。悪い情報なので、本当になければそれが一番良いが、現実は厳しく、実名でのネット交流サイト上では身近に知っているヒトに突然死が起きだしたようである。

戦争中の言論統制(media blackout)下に生きたものとして、放射線被ばくにおけるメディアブラックアウトの有効性について考えた。
放射性物質に国境はなく、空気中の埃に付着し、風のおもむくままに、あるいは海流にのって、世界のどこにでも拡散していくので隠すことはできない。ただし、拡散過程で濃度は何千分の1とか何万分の1に希釈されるので、具体的数値はごまかされても検証はできない。
被ばくによる健康被害についても、同様なことがいえるであろう。

「今回は事故直後に日本近くの海で友達作戦に従事したというアメリカ軍人が、東電よりの正確な放射能情報がなかったために、被ばくをしてしまったことによる補償を東電に要求する訴状をカリフォルニア州の地裁におこしたことである。」

原子力空母なので放射能測定装置を有しているので線量は自ら測定し、判断できる筈なので、請求先を間違えたような気がする。
但し、本訴訟による裁判の過程で期待していることが一つある。それは、3号機核爆発時にどの程度の放射性物質(東電発表は極めて少ない)が放出されたかが裁判の過程で明らかになることである。裁判の結果によって正確な数値が出れば、現在多くの国民がチェルノブイリの1/7と信じている根底がくずれるであろう。

それから昨年事故後まもなく、韓国人の映画監督が、「日本政府が定めた危険地域の内側には絶対に入らなかった」、「半径10Kmで統制していた時、80km地点にいたのに被曝した」と伝えた。撮影は確か3日間なので1週間も居なかったのに、不安定型染色体分析法による染色体異常検査結果から全身に受けた線量は0.148Gyと推計した。GyはSvとほぼ同じなので、150mSvに相当する。

日本では空間線量から身体の影響を推定しているのに対し、被ばくした生体から逆算する方法なので実際に体に受けた変化であり、僅か1週間ばかりで150mSvの値がでた意義は大きい。
但し、生体から逆算では個体差が大きく出る可能性や過去の経歴がわからないので誤差が大きくでることもある。
いずれにしても、日本においてもキチンとしたデータを持つべきであり、不安定型染色体分析法による染色体異常検査を早急に行うべきだ。

染色体異常検査はチェルノブイリ事故後、放影研などで実施しており、チェルノブイリとの比較も容易である。また海外からも未だに実施してないなど信じられないと見なされている。

今回の選挙は原発が最大の焦点になるべきである

  • 2012/12/15(土) 00:24:35

福島原発事故から1年9ケ月が経過したが、被害の実態を氷山に例えれば、まだほとんどが水面下に隠れているので気が付かないだけである。もっとも放射能による被害は実に多様であり、例えば、植物や昆虫などで観察された奇形にしても、個体ごとに変わり化学物質で見られるような特徴ある奇形があるわけではないので分かりにくい。

更に、メディアも多くの専門家も沈黙しているので、やがて起こるかも知れない惨劇について、想像できていないのはやむを得ないかもしれない。
しかし、チェルノブイリ事故の教訓から、福島の将来を類推することは可能である。
それはチェルノブイリで起きたと同じ線量を福島で被ばくすればほぼ同じ影響が現れるというシンプルな考えに基づく。

大気中に放出された放射性物質の総量の推定はされているが、放出形態の相違(1回の水蒸気爆発に対し、ドライベント、配管漏れ、水素爆発、格納容器内核爆発と多種多数回放出)や人口分布など比較は困難である。むしろ個人の受けた被ばく量からの類推が有効な手段である。
その意味で先日発表された二俣町の子供のフィルムバッジによる線量測定は貴重な記録になるところであった。ところが測定は昨年6月から開始であり、最も被ばくした期間である事故直後から6月までの記録がないのであまり役立たない。
そういえば福島全県と宮城県の一部の地域の線量計は事故直後から何カ月間も故障の連続で新聞には計器故障と表示されていたことを思い出した。

しかしながら、受けた線量はγ線だけであり、被ばく影響という意味では全放射性物質の総合的な影響を類推できる染色体異常検査が有効である。チェルノブイリではかなりの論文が発表されているのに、福島からは全く報告がなく比較は不可能であることがわかった。なお、福島で染色体異常検査の報告が何故ないかは誰もが抱く謎である。⇒のNHKニュースを聞いていたら妊婦が出産前に染色体検査を受けられるシステムを今後作るのでダウン症などの事前チェックが可能になるとのこどであったので勝手に想像することができた(12/16)。

次にチェルノブイリの子供の甲状腺異常率に対して、福島の子供の甲状腺異常率は事故から1年半というのに、小、中の女児に関しては5割を超える高頻度で起こっている。この甲状腺の高異常率の評価は早ければ後1年、遅くても2年後には明らかになると私は予測しているので、今はこれ以上述べない。

結局、地表に降下した放射線物質の線量は両者ともにあるので比較可能である。それを見ると、福島の最も高濃度地域(原発から飯館村の一部までの約30kmの帯で一部切れ目あり)はセシウム137だけで比較してもチェルノブイリの最高濃度地域の10倍も高いことがわかる。このような場所は除染など考えられず初めから避難すべきところだ。

次に福島とチェルノブイリの類似した鳥類についての調査から福島の減少率が高いことが報告されたことである。

次に将来への予測であるが最も重要なことは9月22日のブログに詳しく書いたがウクライナのナロジチ地区(福島市の高汚染地区に相当するセシウム137が50万Bq/m2前後)では病気の子供の率が年々増加していることである。事故後何年間はほとんどの子供が健康だったのに年々悪化の一途をたどり16年後は80%の子供が病気だったのが、26年後の今年になると健康な子供がいなくなってしまったことである。

太平洋戦争では焼け野原となったが、国破れて山河ありという言葉の通りに速やかな復興が可能であった。
しかし、放射能に汚染された地域に病気の子供を置き去りにして復興などできるわけがない。
子供世代には責任がないので、チェルノブイリの再現を防止する責務は事故を起こした我々世代が負っている。
ナロジチ地区の実態を調査し、分析し、福島での再現を絶対に防止しなければならない。更に地震国日本で再び福島級の大惨事を起こしてはならないことは自明である。最悪のケースでは日本消滅もあるので、故に最も優先度の高い課題と思う。

| HOME |