郡山市の高校生の白血病死と原発との因果関係の証明について

  • 2013/04/07(日) 00:47:54

白血病死と原発との因果関係について、医師は「原発によるという証拠はない」弁護士は「原発によらないという証拠もない」と話している。どちらの言い分も正しい。
というのは、原発事故がない時代から、青少年に白血病死はまれであるが起きている。もし、放射性物質による被ばく経験がなければ、疫学的(統計的手法)により証明しなければならず、因果関係が証明されるまでに10―20年の期間を要するかも知れない。
幸いなことに原爆、水爆、原発事故の経験により、放出された放射性物質(ストロンチウム90など)が骨に取り込まれるとそこに長い間とどまり、ベータ線を放出し続けるので近傍にある骨髄の造血細胞が癌化し、白血病になることがわかっている。

Kiikochanのブログ(参考資料1)から広島とチェルノブイリのゴメリ<1平方キはロメートル当たり1キュリーから5キュリーの汚染地帯;日本基準では一般人の立ち入りが厳しく制限される区域>の小児白血病について次のようにまとめている。
「広島では被爆後2年で白血病が増え始め、6年目でピークを迎えました。
ゴメリ州立病院の子供の白血病も広島と同じ傾向<グラフを良く見るとゴメリでは1年目から増えていました。この項追記>をたどっています。」

以上の例は比較的高線量被ばく地で発症までの期間が短い事例に適用できるであろう。

歯のストロンチウム含量を測定することで因果関係の推定が可能となろう。タイミング的には歯の乳歯が抜けた時が最も採取が好都合であろう。保存した歯の証拠の証明も必要のケースも起こりえるので、具体的にはで歯科医師が中心とか、市民グループとか様々なグループで保存活動をしているので相談して見るのも良いと思う。

次に低線量被ばくについて、これまでも微量で持続的な被ばくによるリスクの指摘はあった。しかし、放射線による発がんの危険性は、100ミリシーベルト(100mSv)を下回る被ばくでは、他の影響に隠れてしまい証明が難しいとも考えられてきた。

ところがウクライナ放射線医学研究センターと米国立がん研究所が共同で実施した研究を昨年11月、ENVIRONMENTAL HEALTH PERSPECTIVES誌(参考資料2、3)に発表した。
チェルノブイリ原発事故の収束作業に関わった作業員約11万人<事故発生の1986年から90年までに、主に積算で200mSv未満の比較的低線量被ばくした人を対象にし、うち約8割は100mSv未満>を20年間にわたって追跡調査した結果、低線量の被ばくでも白血病の発症リスクが高まることが明らかになった。
発症者の半数以上は進行が緩やかな慢性リンパ性白血病だったが、中には急性白血病の人もいた。白血病になった137人は、事故後原発から30キロ以内で緊急対応に当たった人や軍人、原発の専門家だった。 
この成果は放射性物質による低線量被ばくへの評価だけでなく、コンピューター断層撮影(CT)装置など、医療機器による被ばく影響を評価する上でも適用できると著者らは主張している。
低線量の場合には発症まで年数がかかりそれだけ医療用被ばく量も増えるので識別が難しくなろう。

参考資料
1.http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1518.html
2.http://www.47news.jp/47topics/e/236010.php (日本文要旨)
3.http://ehp.niehs.nih.gov/wp-content/uploads/2012/11/ehp.1204996.pdf
(英文文献)

岩手県沿岸部で今年度は昨年度より脳卒中患者が5倍に急増中

  • 2013/04/06(土) 09:44:25

岩手県沿岸部に位置し、震災による津波で大きな被害を受けた山田町、大槌町、陸前高田市の病院や診療所に対して行われた聞き取り調査を岩手医大が実施した結果、脳卒中患者が急増していることが判明した(参考資料1)。
これを詳しくみると、震災直後の2011年4月〜2012年3月までの1年間では、同地域の脳卒中患者は11人と月平均0.9人にとどまった。ところがその後の2012年〜2013年1月までを見ると患者数は52人、月平均5.2人にはね上がった。即ち5倍以上に増加した。これから明らかに言えることは震災直後より、現在の方が被災者の健康状態は悪化しているという意外な結果だった。
これを受け日本脳卒中学会は脳卒中予防体制の整備と被災地の環境改善をするように国に要望書を提出した。
復興が進まないことに寄るストレスや、良好とはいえない住環境などが脳卒中患者を増やしている、というのが日本脳卒中学会の見解だった。

しかし、同じ住環境に住みながら1年の間に5倍の増加は不自然であろう。
放射線の影響が深刻化してきた方がまだ合理性があろうと思ったら、英国の医学誌「BMJ Open」に掲載された論文(参考資料2)「広島・長崎の原爆被爆者の致死的・非致死的脳卒中と放射線被曝の関連についての前向き追跡研究(1980–2003)」によると、広島・長崎の被ばく者では、被ばく線量と脳卒中のリスクに関係性が見られたということから関連がありそうという論文も見つかった。

それによれば被ばく線量が高いほど出血性脳卒中のリスクが高まる傾向が、確認されているのだ。男性では2.0グレイを超えた場合、一般の2.5倍に達しており、女性では2.2グレイ超で3.5倍にも達する。調査は1980年〜2003年にかけて、被ばく者9515人を追跡しており、信憑性はかなり高いように思える。
ただし、この論文で明確に出る被ばく量は2グレイ(シーベルト同じ単位とみなしてよい)であることや、発現するまでの期間も何十年と長いことから、脳卒中の増悪作用としての関与はあっても、主役ではないように思える。

本年1月3日のブログに書いたように血管が閉塞する場合には血栓因子の関与が大きいと思う。イギリスのMark P. Littleらは放射線の線量と血栓形成に関わる因子(MCP-1)の活性化の関係を「空間反応―拡散モデル(spatial reaction-diffusion model)」で解析し、両者間に相関関係を見つけた。
従って、私はこの因子の活性化が起きている可能性が一番高いと思う。この因子を測定し、実際増えていることが確認されればこの説の裏付けにもなろう。なお、脳卒中には脳溢血だけでなく脳梗塞や脳血栓も含まれるので、血栓の関与は大きいと言えよう。

それから、沿岸部地帯で頻発するということから脳卒中者の海産物摂取との関係も調査すれば意外な展開に至る可能性もあるかなと思った。

参考資料 (両方とも日本語)
1. http://www.tax-hoken.com/news_aA8YpQAaLe.html?right
2. http://www.rerf.or.jp/news/pdf/BMJopen.pdf 

巻貝の一種「イボニシ」が福島原発海岸30kmから消える

  • 2013/03/27(水) 12:08:14

今日(3/27)の水産学会で国立環境研究所の環境リスク研究センター 生態系影響評価研究室の堀口室長がタイトルの発表を行うそうです。

イボニシは日本のほぼ全域に生息し、海岸の波打ち際でごく普通にみられる貝です。
この貝が福島県広野町から双葉町(この間に福島第一原発はある)の30kmの海岸において消えた。
日本の海岸のどこでも観察できる貝が原発事故後の線量影響の最も高い地域で見られなくなったことは原発との関連性を疑うのは当然であろう。
従って、今後の生息調査の継続と実際にイボニシに放射線を当てるなどして放射性物質の影響の有無を調べる予定とのことでした。

この当たり前ともいうべき記事を読んだ時とても心強く思った。
その理由は、3.11以降放射線の疑いがあっても、決してそのことに触れず、最近は何の根拠も示さないで、失明は花粉症とか、突然死はストレスによるとか勝手な憶測が跋扈しており、日本からサイエンスが失われてきていることを実感していたので。

今回の場合、イボニシがなくなってもフジツボは見つかっているので同じ貝でも感受性に違いがあるし、更に人間との間には大きなギャップ存在していることは認識している。
しかし、地球上に誕生した生物は皆同じRNAからDNAへの共通の進化を続け、約20万年前現在の人類が誕生したので、イボニシの被ばく研究から意外な進展があるかもしれない。本研究が妨害されることなく今後も発展することを祈る。

警戒区域内の牛の臓器別の放射性物質分布について

  • 2013/01/26(土) 20:19:08

原発事故後から約半年後、福島原発から半径20km圏として設定された警戒区域内に残された79頭の牛が安楽殺され、臓器別にγ線を放出する放射性物質の放射能濃度を計測した結果が東北大のWEB上に(参考資料1)公表されたので項目別に感想を書く。

1.全ての臓器において、回帰解析の結果、臓器中の放射性セシウム濃度は血液中の放射性セシウムに比例していた。
 ⇒臓器濃度は血中濃度に依存することがわかった。

2.骨格筋で最も高く、血中の約21倍で、以下は添付された図から下記のようであった。
膀胱筋(但し低血中濃度のデータしかない)、腎臓、心臓、肺と肝臓は略同等、甲状腺への蓄積は非常に低かった。
⇒チェルノブイリでは甲状腺にも蓄積するといった報告があったので、種差かもしれない。

3.すべての臓器でセシウム134とセシウム137の放射能がほぼ1:1の濃度で検出された。⇒想定されたことで、当たり前の結果

4.半減期の比較的短い放射性銀110mが肝臓に、テルル129mが腎臓に特異的に集積してした。
⇒放射性銀110m(半減期250日)は高速中性子が銀原子の中に入りできるので、検出されたことは核分裂反応が起きたことが示唆される。テルル129mは東電発表によれば3300兆ベクレル放出され、半減期34日だが分解すると半減期1600万年もあるヨウ素129となる。

5.各臓器でも、胎児で1.2倍、仔牛で1.5倍だった。

⇒胎児が高いことはセシウムが胎盤を通過することを意味する。また仔牛で1.5倍も高かったことは驚くべきエビデンスである。というのはセシウムの生物的半減期は、乳児で9日、9歳児で38日、30歳で70日、50歳で90日とされて被ばく量も計算されている。この理論計算は本当に正しいのだろうかという疑問が生じた。計算値でなく実測値から検討する必要性も感じた。

6.放射性セシウムの放射能濃度は牛の捕獲場所と餌に依存していました。
 ⇒当然の結果と思った。

総評
今回被ばく地の牛を用いて貴重なデータを得たことは、こういうデータが皆無に近いゆえに高く評価する。しかし、折角の機会なのに何故γ線しか計測しなかったのか疑問に思った。ベータ線のストロンチウムやアルファ線核種のキュリウムやプルトニウムを何故測定しなかったのか残念だった。

参考資料1.
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20130121_01.pdf

空母の米兵による訴訟問題、訴訟人数増加か?

  • 2013/01/20(日) 10:41:33

昨年12/29のブログにて、放射線被ばくに関する情報統制(メディアブラックアウト)は不可能であろう。その理由に放射性物質には国境がない旨書いた。更に日本人以外から来る訴訟問題についても触れた。しかし、詳しい情報がなかったので、次のことだけ書いた。

「原子力空母なので放射能測定装置を有しているので線量は自ら測定し、判断できる筈なので、請求先を間違えたような気がする。但し、本訴訟による裁判の過程で期待していることが一つあり、それは3号機核爆発時にどの程度の放射性物質(東電発表は極めて少ない)が放出されたかが裁判の過程で明らかになることである。裁判の結果によって正確な数値が出れば、日本人の被ばく対策にも有用であろう。」

Wall Street Journal誌の電子日本語版1月18日号に、カリフォルニア州弁護士、ポール・C・ガーナー氏に日本人記者が質問し纏めた記事を読んだので感想を書く。

*原告は8人から更に増加の可能性が大きい(それに伴って賠償額も当然UPか)
発端は原告の一人である女性乗組員(リンジー・クーパーさん、23)の父親が、娘の体調が悪いと言って訪ねてきた。 調査していくうちに、ほかの乗組員のなかにも具合の悪い人がいることが分かった。何かに集中できなくなったり、体重が急増したり、逆に減ったり、腸からの出血や鼻血、甲状腺に問題が生じた人も複数いる。原告(8人)は、全員20代の若者だ。いずれも以前は健康だったが、徐々に症状が進み、ある時点で顕著になった。連日、片頭痛に襲われるようになった人もいる。

現在、何らかの症状が出ている乗組員は、すでに40人を超えている。骨や骨格組織の衰弱などが見られる人もいる。単なる偶然にしては、人数が多すぎるだろう。診断した医師(軍所属でない内科医)は、因果関係があるという認識をは日ごとに深めている。

*訴えた理由は東電からの被ばく情報軽視を組織的な詐欺行為と見なす
東電は何が起こっていたかを知っていたはずだ。もし自宅で事故が起こり、どのくらい危険か知っていたら、救援に来る人たちに警告するのが務めである。
更に、甲板なども海水で必死に洗浄したが、海水も既に汚染されていたので、無駄な作業をし、被ばくが加算された。

*賠償額総額200億円弱 <個人1億1千万ドル(約100億円)と非営利医療組織の設立基金として1億ドル
#個人賠償1億1千万ドル(約100億円)内訳<8人X1千万ドルそのほか懲罰的賠償額3千万ドル<これは2度とこのような情報隠ぺい防止のため>
#被災者などに治療を施す非営利医療組織の設立基金に1億ドル<これは原告ならびに日本人のためも考えて場所はハワイを想定)

私的な最大の関心事は裁判で正確な被ばく量が公表されることにあり、昨年末と変わっていない。

| HOME |