10年後量子コンピュータの実用化で世界トップを期待

  • 2011/11/16(水) 20:12:05

最近スパコン「京」世界一達成ニュースが盛んにメディアから発信されていて、それ自体は良いニュースに分類されなければならないだろうが、電力をがぶ飲みする巨大モンスターを作ったに過ぎないと思う。というのは巨大な建物のなかに600台くらいの同性能のパソコンを並列に接続して達成したもので、電力を10MW(千万ワット)も消費する。即ち、福島原発1号機の20%の電力を消費する。 輸出で稼ぐならば良いが、日本で使えば10台ごとに100MW級の原子力発電炉が必要になる。(参考資料1)

現在の世界のコンピューター競争の潮流は処理能力当たりの電力消費を下げる競争である。この面では昨年グリーンスパコン世界二位(1ワットあたり958.35メガフロップス)を達成した東工大のTSUBAME2.0はもっと大きく報道されてよい快挙であり、更に世界一を達成することを期待したい。(参考資料2)

しかし、グリーンスパコン競争は既存技術の改良であり、画期性はない。未来のコンピュータとして世界で最も期待されているのは量子コンピュータである。

これが実現すればスパコンの京が1年かかる計算をたった数秒で達成してしまう。しかも電力消費は10万分の1以下であろう。
量子コンピュータを制したものが科学技術分野の覇者になろう。

 国立情報学研究所の山本喜久教授らは、超小型で新しいタイプのスーパーコンピューターを実現する計算原理を考案して2ケ月前発表 (参考資料3) した。
{今後、民間企業と協力してコンピューターの試作機を5年後に完成する目標を立てた。 光を利用して計算する「量子コンピューター」の一種で、計算結果を導く時間を大幅に短縮し、手のひらサイズのスパコンが実現する。 現在のスパコンで年単位の時間がかかる計算をわずか1秒以内でできる。新薬や材料開発に威力を発揮するとみられる。}

量子コンピュータ研究は世界の熾烈な競争の中にあり、5年後の試作機が世界のトップになれる保証はないし、実現できない可能性もある。国を挙げてバックアップする必要があろう。
そして10年後には実用化できることを期待したい。

参考資料
1) http://koide-goro.com/?p=386
2) http://japan.internet.com/webtech/20101124/5.html
3) http://profile.allabout.co.jp/w/c-59830/

園児体重増加、昨年の1/4はDNA修復時の増殖停止か

  • 2011/11/12(土) 09:52:25

先日夕食時NHKテレビを見ていたら幼稚園児の体重が増加しないという話題があった。
小児科医や大学教授のコメントは室内の運動でなく、外の運動が重要だと解説していたので、こういう見方があることを否定しないが、極めて可能性の低い視点からのコメントと思った。しかし、ブログに書こうと思っても、もう良く覚えてないので困った。ここでもkikochanのブログ「」に助けられたので感謝一杯である。

「福島県郡山市の幼稚園児240人余りについて、ことし6月までの1年間の体重の増え方を調べたところ、去年の同じ年齢層の4分の1程度にとどまっていたことが分かり、
調査した小児科医は「原発事故で外遊びができず、食事の量が減るなどしたのではないか」として、追跡調査の必要性を指摘しています。」

昨年と今年の違いは確かに運動場での遊戯でなく室内に切り替えたことなので可能性の一つに挙げられるが、それなら給食の食事量がどれだけ減ったとか成長ホルモンの血中濃度を測定するとか具体的な数値の裏付けを取るべきと思った。

昨年と違うことは放射線であり、内部被ばくを受けた可能性を考えられる。
DNAが損傷を受けると直ちにDNAポリメラーゼなどにより修復活動が起こるが、この間細胞の増殖活動は停止し、通常数時間内で修復が終え、細胞の増殖活動が再開する。しかし、内部被ばくでは絶えずDNA損傷が続き、なかなか細胞の増殖活動に入れない。このことが体重増加抑制につながった可能性が高いと思う。
またチェルノブイリでも園児の体重減少が観察されているがこのような理由であろう。

もう一つは放射性粒子による腸管の絨毛細胞の壊死に伴う下痢である。下痢については誰でも明らかに観察できる項目なので、記述の報告がなかったことは、この現象が起きてなかったことだと思う。

そのほか甲状腺ホルモンの分泌亢進も考えられる。しかし、これも甲状腺腫大や頻脈、眼球突出、振戦(手の震え)といった小児科医の先生が診ればすぐわかる兆候なのでこの可能性も否定されるであろう。

考えればまだいろいろな可能性が考えられるが、大人の一時的体重減少と幼児の発育不全は全く別の事象と考え、根本的に解決すべき課題と考える。
安易にその原因を精神論にすり替えるべきでない。世界に通用する説で解説していただきたい。

NHKあさイチテレビ測定機故障は前代未聞の出来事

  • 2011/11/11(金) 23:43:38

10月17日NHKテレビを途中から見たのは、妻からせかされたり、嫁いだ娘からも電話で見るように言われたからであった。
見てびっくりしたのは放射性物質の降下量と食品の濃度が全く関係ないことだった。
私の常日頃言っていることが家族から否定される内容だった。
従って、それに対する対応を主眼に、次「」のように考え。翌日のブログに書いた。

「須賀川の自家栽培野菜を食べる農家の例ではたまたま放射性物質が降下しなかった地域ではなかったかと思い地図で調べたところ、汚染が低い地域もありそうだったが詳しいことはわからなかったので、その土地の放射線量を測定すべきと思った。地元の野菜をスーパで買っている郡山市の家庭では周辺地域はかなり汚染されている筈だったので、この例では何と幸運な1週間だったかと、即ち宝くじに当たったような愚発的事象と解釈した。」

セシウムの測定限界が示さず、ゼロの数字のみ、セシウム134と137の比率がほぼ1対1のはずなのに、片方しか測れないのは、絶対値が低かったので高精度だといっても大した性能ではないなと思った。カリウムの測定値のゼロ以下の数値が8桁もあったのは教授のチェック忘れかと思った。カリウムの数値は高い気がしたが、その時は測定機故障など想像できなかった。

あさイチテレビの測定機故障の件は先日、リンク先のkikochanのブログで知ったが知らないのは私くらいかと思っていた。 ところが話してみるとほとんどのヒトがそのことを知らなかった。従って、この問題をブログに書かかなければと思った次第である。
幸いなことにkikochanブログにその時の数値が残されていたので書くことができる次第である。

今この表の数値を改めて見ると、機械の故障とは考えられない。一つ一つ検討すれば何ページにもなるし、何より時間を無駄にしたくないのでk40だけに絞り書く。

米について、玄米のカリウム含量はほぼ一定であり、胚芽はカリウムの含有率が高いので精米をすれば減少する。従って、産地の違いより精米の程度による影響の方が大きい。それでもどんなに精米しても1/3以下には減少しない。
ところが福島・須賀川と東京・江戸川の米だけ、ゼロベクレルで他の家族では300ベクレル前後計測されている。

水のk40の測定値はいずれも200から400ベクレルの範囲内にあった。ところが拙宅で常用している北アルプスあずみ野ナチュラルミネラルウオーターのカリウム含量は0.6mg/Lである。この濃度からベクレル数を計算すると0.012ベクレルしかならなかった。それでドイツのゲロルシュタイナーという鉱泉水で調べたらカリウム含量は15.6mg/Lであった。この場合でも0.3ベクレルである。海水は塩分が濃すぎるので喉が渇いても決して飲んではいけないが、これで計算すると4ベクレル弱/Lであった。

我が家で常用している2万倍も濃い水だし、ヨーロッパ産の鉱泉水と比較しても1000倍も濃い水測定されるとは確かに測定機が壊れているとしか言えないが、セシウムではゼロ値が毎日計測されている。半世紀に亘り実験の数値に接してきたがこんなことは前代未聞の出来事である。

測定機の生命は精度と感度であり、測定者は標準物質を用いたりして、絶えずチェックする筈である。今回のような事態は世界の誰ひとりとして想像できなかった珍事だと思う。

放射性銀Ag-110m各地で計測、牡蠣、イカ、タコに濃縮可能性あり

  • 2011/11/10(木) 22:22:32

リンクしているEX-SFさんのブログを見たら、飯館村のジョロウグモは放射性銀を1000倍に濃縮し1397ベクレル/kg(生体重)にもなったという記事があり、また新しい核種の情報が入ったので調べた。

アメリカの環境保護局のホームページには放射性銀の記述はなかったので、放射性コバルトよりも出現頻度が低い核種のようだ。

このものは銀(Ag-109)に中性子が衝突して原子核に取り込み放射性銀(Ag-110m)ができるので昨日書いた放射性コバルトと同じようにできる。
銀の融点は962℃で沸点は2162℃なのでコバルトより低い。銀がどこに由来か興味あったが核燃料からくるとのことであった。銀は中性子を吸収し易いので原子炉で使われているとの記述もあった。
放射性銀はベータ崩壊する時、同時にガンマ線も放出し、その半減期は250日である。

放射性銀が最も高濃度検出された地点は原発から5km離れた双葉町でその濃度は8万3千ベクレル/kg(土重量)であったが、福島県各地、茨城県東海村、水戸市などでも計測されている。飛散ルートは少なくとも3月14日と21日の二つのルートが有力である。

被ばく毒性を調べると実効線量はセシウムより小さく、体内も蓄積されにくいとのことだったので、あまり心配はいらないかもしれない気もしたが、クモのように生体濃縮もあるので、ヒトが食べるもので調べた結果(参考資料1)。チェルノブイリ事故でもAg-110mが放出され、そのときは牡蠣に集積した。またイカ、タコなどには生体濃縮し易いとのことだったが、いずれも具体的な数値がなかったので、ストロンチウムの心配もあるし、具体的数値が提示されるまで安全サイドに立ちこれら魚介類は避けるべきと思う。

参考資料1
http://ameblo.jp/kenken4433/entry-11013125816.html

コバルト60が路上に舞うことは3号機格納容器内爆発の証拠か?

  • 2011/11/08(火) 19:43:34

昨日のブログでM. Kaltofen教授による文献を紹介した中に、東京で走行した車のエアーフィルターがアメリカに送られ、放射能を測定した結果、セシウム134,137と同様にコバルト60も検出された。しかし、私自身、初めて聞く放射性核種で自信がなく調べて書こうと考え昨日のブログではコバルト60を省いた。

そこで今日初めてコバルトについて調べた。USA、EPA(アメリカ環境保護局)のホームページ(参考資料1)に詳しい資料がある。

天然に存在するコバルトは全て59であり、原子炉の構造材(例えば冷却管など)として使われていて、溶融温度は1495℃と高く、気化温度は2900℃と高温にも耐えられることが分かる。
次にコバルト60について、コバルト59に中性子を照射すると、中性子を1個受け取り放射性物質コバルト60が生成されるので人工的に作られることがわかる。
このものは強力なガンマー線の放出とβ崩壊もする。
放射線事故例はほとんどが外部被ばく例である。溶鉱炉でコバルト60が誤って混入したために鉄材での事故で、有名なものには台湾で1992年起きた鉄筋コンクリートマンション例などある。
体内に入った場合の主な分布先は肝臓、腎臓および骨であるが、内部被ばく例の報告は少ないのは通常の軽水炉では起こり難いほとんど前例の少ない事象だったためと思う。

今回の福島原発で放出された放射性物質一覧は6月中旬に官庁から報告されたが何故か新聞には報道されなかった。しかし、アエラの6月27日号(福島原発から放出された全核種の同位体31種が掲載)を探したがなかった。さらにインターネット上で調べたら3月25日東京電力からコバルト60放出がインターネット上に発表されたが、翌日には削除された。しかし、1日だけしか公表されてないことを記録してくれたヒトがいたことは幸運だった。

前置きが長くなったが、今回の事象(東京でコバルト60検出)はishtaristさんのblog(参考資料2;3号機格納容器内爆発)説と私のブログ(7月31日)を間接的にサポートするものであろう。
3月21日01:00〜03:00頃に圧力容器の圧力が耐圧限度を超えて約110気圧まで急上昇しており、あまりの高圧のため、冷却水を外から注入できない事態となった( 原子力専門家の田辺文也さんが9月の原子力学会で発表)。

以下は私の推理です。
その状態に至ると、3号機はMOX燃料(ウラン燃料に比較し中性子の放出が多い)を1/3使用しており、軽水炉より、多量の中性子を放出し、構造体であるコバルト59は中性子一つを原子核内にも取り込みコバルト60となった。

更に3000度超す高温(?)に至り、コバルト60および炉内のプルトニウムも気化し、爆発による格納容器の破損とともに空中に放出された。

この時のブルームは一旦海上に出た後、いわき市海岸線を南下し、茨城県鉾田市付近で上陸し、阿見町を通り、千葉県柏市から東京まで到達したと考えられる。
これが東京を走行する車のフィルターにコバルト60捕捉された理由と考える。

参考資料
1.http://www.epa.gov/radiation/radionuclides/cobalt.html
2.http://ishtarist.blogspot.com/2011/06/20113203.html

| HOME |