セシウム汚染牛肉報道から生じた疑問点

  • 2011/07/16(土) 19:41:30

南相馬市の酪農家から出荷された牛肉の放射性セシウムが基準値の何倍もあった問題は稲わらが7万5千ベクレル見つかったので原因がわかり、皆安心したようである。
しかし、私には新たな疑問も生じたので、安心するためにもう少し情報が必要と思った。

写真で見た稲わらの束は直径1メータを超える位に見えたものすごく大きいものだった。
これだけ大きいと、例えビニールシートをかけてなくても、放射線粒子が積もるのは表面だけなので平均値が7万5千ベクレルでなく、表面にあった小束がそのような値になったと考えるべきと思った。それと、南相馬市は飯館村方面に向かう高濃度汚染ルートとは外れているとの記憶もあった。
⇒爆発後1週間経たない頃、放射線を大量に含む黒い雨が降り稲束の奥深く浸み込んだとの説を聞きました。そのほか水素爆発以後における累積量も長い時間では相当量になるかもという考え、乾燥した稲わらはゼオライトのように特別にゼオライトを吸着するのではないかなどの考えもあることがわかりました。7/28追加

牧場の牧草には水分が多いが、稲わらのように乾燥させた場合には、非常に大量の水を飲むので、摂取する水の測定値も気になったが報告は未だ一度も聞かない。

もし水に含まれる放射性セシウムの関与がなく、稲わらの平均値が七万五千ベクレルだったケースの場合には、そこの酪農家付近はホットスポット的に、恐らく百万ベクレル/平方メータ以上の高汚染地帯だったと思う。
そうすると牛が稲わらだけで高くなった理由はよくわかる。

しかし、今度は付近の住民の被ばくが心配になる。勿論、枝野長官が南相馬市を訪問した時のような放射能防護対策をして生活すれば別ですが、一般住民はほとんど無防備で生活していたと思う。従って、付近の住民の尿検査や場合によっては全身カウンターによる計測も必要と思う。
<引用はご自由に>

HOME |