国会図書館からチェルノブイリ被ばく資料全て消える?

  • 2012/08/29(水) 10:21:59

新聞報道もなかったので今まで知らなかったが、今年6月に消えていたとの情報を読みびっくりした。

国会図書館は永田町にあり、国会議員が最も利用し易い環境にあるので、まず大騒ぎすべきことであるのに不思議だ。メディアも何故沈黙したのだろうか?
従って、まだ本当だろうかという疑念も少しはある。しかし、国会図書館の係員が関西の方へ送ったと説明したとのことで本当のように思える。私も来年になれば体も回復し、東京に行けるようになるので、国会図書館に行って確かめたいと思っているが時間が遅れるので、私のブログを読んでいる方で本当か知っている方がいれば是非コメントをください。

民主国家の根本かかわることであり、こんなことをしていたら日本に明るい展望が開けるわけがない。

もし本当なら,福島の原子力被害が顕在化(甲状腺異常などはチェルノブイリを凌駕)してきたので、住民に知らせないように先手を打って行動したのだろう。このことは多くの無実の子供を死に追いやる残酷な道につながることでもある。子供たちの未来を考えない、こんな冷酷なことを誰が考え、指示したのだろうか?議員はチェルノブイリの被害状況を知らずして、福島の放射能防護対策がたてられるだろうか?

昨日書いたように原発事故死のゼロという数字は今後も何年も続けられるであろう。
しかし、生と死という決定的なエビデンスは隠ぺいできないので数字になることを、発案および指示者に告げたい。

ここまで書いたところで、彼らはこのことは当然わかる筈だ。とすると近代国家を放棄するか、超独裁国家を作るまでの覚悟をしているのだろうか? それとも最近の領土紛争は戦争への前触れなのだろうか?
そう考えると、背筋が凍りつくような思いがした。

HOME |