ドイツ太陽光発電22GW(原発22基分)達成

  • 2012/05/31(木) 17:45:26

ドイツでは、夏の太陽光の強い時期に好天に恵まれたので、今月22,23日過去最高の1時間当たり22ギガワット(220億ワット)の電力を作り出し、一国の太陽光発電量の世界記録を達成した。これは原子力発電所、約22基の発電量に相当する。
この時間帯は土曜日ということもあり、ドイツ全需要の電力の半分もまかなえたが、平日なら約1/3の発電量をまかなえる量とのことであった。

ドイツ政府は、福島原子力災害後に脱原発の方針を決めており、すでに8箇所の原子力発電施設を閉鎖、2022年までに残っている9箇所の施設も閉鎖する予定だ。2012年の環境省報告書によると、ドイツ政府は太陽光発電に毎年約40億ユーロ(50億ドル)大規模な投資を行っている。その結果、太陽光発電で国全体の年間電力需要の約4%の発電量を獲得するまでに至っている。

太陽から地球に届く光のエネルギーは莫大で180ペタ(兆)ワットとてつもなく大きい。しかし、太陽光発電として実際に利用できる量は1ペタワットくらいと想定されている。
しかし、この量でも、現在の人類のエネルギー消費量の約50倍もある。
従って、ゴビ砂漠の半分に現在市販されている太陽電池を敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量が得られるといわれている。従って、太陽光発電はきわめて潜在能力の高い資源であることがわかる。

太陽光発電の欠点は夜間に使えず、昼間でも、雲次第で変わるとか、冬の発電効率が低下するとか確かに安定性に欠ける面がある。特にわが国では、上述した太陽光発電の欠点が強調され、太陽光発電など20年後にも期待できないと予測する専門家は多い。

しかし、上述した利点のほかに、ガスや石炭のように海外から購入する必要もなく、永遠に利用できる。また人類が利用しているのは、ごくごくわずかでしかないこと、さらに不安定さは自動車バッテリーの活用とか、むしろ、悪天候で発電慮の増える風力発電との組み合わせ、安定的な地熱発電の利用など工夫の余地は一杯残されていると思う。

原発事故を起こさなかったドイツが原発廃止の道を選んだのに、原発事故を起こし、しかも高速増殖炉を目指した核燃料リサイクルは失敗続きなのに、いまだにこだわる、変われない国日本の将来を憂う。

<<瓦礫処理に関し新潟県知事公開質問:早くも被害確認 | ホーム | 韓国が6月1日から日本からの水産物の輸入規制強化>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/16(月) 06:29:58

<<瓦礫処理に関し新潟県知事公開質問:早くも被害確認 | ホーム | 韓国が6月1日から日本からの水産物の輸入規制強化>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |