福島の甲状腺異常はヨウ素131以外の関与(129、132,133,135)が大きい

  • 2013/10/15(火) 00:29:47

チェルノブイリに較べ福島の甲状腺がんの発症時期が早いこと、結節より「のう胞」の発症率高いこと、「ハチの巣状」とも表現できるような変化が観察されることが特徴といえよう。
このようなことがみられるということはヨウ素131量以外の放射性物質の関与も考えておくべきと思われた。

ところがアエラ(雑誌2011.6.27発行)によれば、ヨウ素131(半減期8日、16京<放出量、以下略>)、132(半減期2.3時間、470兆);133(半減期21時間、680兆);135(半減期6.6時間、630兆)であったのでヨウ素以外の関与は少ないと考えざるを得なかった。

ヨウ素の同位体は24種類もあって、複雑であるが、129が例外的に長いが、後は半減期が8日の131より更に短く、時間単位なので、当時計測されてないと今となってはどうしようもない。

今回「132の放出量が131より10倍多かった」ことを弘前大関係者が英語で公開(参考資料1;2011.11)していたことを海外のニュースより知って驚いた。更にラットを用いた実験報告(参考資料2)では「甲状腺被ばく影響は131より132が9倍も大きい。従ってヨウ素132は131より90倍も被ばく影響<半減期の関係で、全期間でなく、被ばく初期における差であるが>が大きい」と英語で投稿した。

論文投稿を英語でするのは当然と思う。しかし、日本語では一切話さなかったのは理解できなかった。 そう言えば129の放出した原子数は131より30倍も多かったという論文を英語で公表しながら日本語では黙して語らないといった前例を思い出し、全く同じ構図と思った。

ヨウ素129についてはアエラでの記載がなかったが、私のブログ(2013.1.1)に記載(半減期1600万年、今回の福島原発で放出された原子数は131の約30倍)していた。

上記のアエラ記事では132の放出量は470兆であるが実際に計測されたデータは160京いうことになり、340倍も変わる。 このような過小データを提示した方にも問題があろうが、もっと悪いのはデータを持ちながら被ばく量が少ないから原発事故で甲状腺がんが起こる筈がないとエビデンスを知りながら、何故逆の説明をするのか不思議である。

甲状腺がんはこれから多発するとNHKも予測したから、「国民病」と洗脳を始めたように思える。しかし、国民にとって最も必要なことは被ばく影響を最小にすることであり、早期発見であろう。
      
           参考資料

1. http://www.plosone.org/article/fetchObject.action?uri=info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0027761&representation=PDF
.pdf via http://www.plosone.org

2.Individual Radiation Exposure Dose Due to Support
Activities at Safe Shelters in Fukushima Prefecture
Satoru Monzen1, Masahiro Hosoda1, Shinji Tokonami2, Minoru Osanai1, Hironori Yoshino1, Yoichiro

<<骨ごと食べる魚(シラスやワカサギ)のストロンチウムの測定を急げ | ホーム | 使用済み核燃料棒取り出しにわが国の総力を注げ>>

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2013/10/22(火) 17:05:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |